スポンサーサイト

  •   --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年7冊目&8冊目

  •   23, 2017 19:29
  •  2
(>'A`)>ウワァァ!!
腰と首がピリピリと痛む今日この頃。
さとやん地方は冷え込んでまた雪の予報です。
こう毎日寒いとつい布団に入るのが早くなって読書ペースが上がるのです。
そして睡眠時間は犠牲になるのであります・・・

それでは今年7冊目と8冊目の紹介。

7冊目

DSC_0001.jpg
中山七里さんの『静おばあちゃんにおまかせ』

神奈川県内で発生した警官射殺事件。被害者も、容疑者も同じ神奈川県警捜査四課所属。警視庁捜査一課の葛城公彦は、容疑者となったかつての上司の潔白を証明するため、公休を使って事件を探り出したが、調査は思うに任せない。そんな葛城が頼りにしたのは、女子大生の高遠寺円。――円はかつてある事件の関係者で、葛城は彼女の的確な洞察力から事件を解決に導いたことがあった。円は中学生時代に両親を交通事故で亡くし、元裁判官だった祖母の静とふたり暮らしをしている。静はいつも円相手に法律談義や社会の正義と矛盾を説いており、円の葛城へのアドバイスも実は静の推理だったのだが、葛城はそのことを知らない。そしてこの事件も無事に解決に至り、葛城と円は互いの存在を強く意識するようになっていった――(「静おばあちゃんの知恵」)。以下、「静おばあちゃんの童心」「不信」「醜聞」「秘密」と続く連作で、ふたりの恋が進展する中、葛城は円の両親が亡くなった交通事故を洗い直して真相を解明していく。女子大生&おばあちゃんという探偵コンビが新鮮で、著者お約束のどんでん返しも鮮やかなライトミステリー。 (「BOOK」データベースより)

静おばあちゃんが活躍する連作短編集。
所謂安楽椅子探偵物。
中山さんらしく、ラストにどんでん返しが待ってるんですが、これは別になくてもよかったかなと。
あのどんでん返しを使わなければシリーズ化もできたろうになー。
まあサクッと読めるし過去の事件も解決したし悪くはないかな。
犬養刑事の名前が出て来たけど『切り裂きジャックの告白』の犬養さん?


8冊目

DSC_0007.jpg
乃南アサさんの『鎖』

東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。ところが、この星野はエリート意識の強い、鼻持ちならぬ刑事で、貴子と常に衝突。とうとう二人は別々で捜査する険悪な事態に。占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、貴子は銀行関係者を調べ始める。が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる。 (「BOOK」データベースより)

女刑事音道貴子シリーズの3作目。
1作目の『凍える牙』、6作目の『風の墓碑銘』が最高だったのでかなりの期待値を込めて手に取りました。
かなりボリュームのある長編だったので時間かかるかなと思ってたけど先が気になって夜更かし。
睡眠時間は犠牲になったのだ・・・

今回の事件でコンビを組む星野がどうしようもないクズでイライラしっぱなしの前半。
そして音道は何者かに連れ去られる・・・・
あぁ、先が気になる・・・でももう寝なきゃ・・・

そこで目に飛び込んできた名前が『滝沢』。

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!

今作に滝沢さんが登場してたなんて全く知らなかったのでこれは嬉しい誤算。
これで睡眠時間は犠牲になったのだ・・・

滝沢さんは『凍える牙』で音道とコンビを組み、この先『風の墓碑銘』でも再びコンビを組むことになる刑事。
お互いいがみ合い、悪態つきあい、音道からは皇帝ペンギンと呼ばれるさえない風貌の刑事。
だが噛み合ってないようでしっかり噛み合い、認めるとこは認め合う最高の凸凹コンビなのです。
今作では直接コンビを組むわけではないんですけど。

そして滝沢、あんたかっこよすぎんぞ。
滝沢株ストップ高。

もうこのコンビが大好きで、また『風の墓碑銘』を再読したいと思ってます。

ブログランキングに参加しちゃっております。ポチっとしていただけると喜ぶようです

にほんブログ村
スポンサーサイト

- 2 Comment

ライオンまる  

どちらも好きな作家さんです。
「静おばあちゃん」シリーズは続編書いてほしかったけど、あのどんでん返しの後じゃ無理でしょうね(^_^;)
「犬養」は、「切り裂きジャック~」の犬養刑事ですよ。
個人的に、彼は主役を張るより脇役に回っている時の方が好きだったりします。

2017/01/23 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

さとやん  

Re: タイトルなし

> ライオンまるさん

なんであのラストにしたんでしょうね。
続編のことは頭になかったのかしらん。
犬養、ほんとは先日『七色の毒』を借りるつもりで図書館行ったんですがなかったので『静おばあちゃん』を借りたのです。
まさか登場してたとは・・・

2017/01/24 (Tue) 06:34 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。