スポンサーサイト

  •   --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年5冊目&6冊目

  •   18, 2017 05:37
  •  4
あ、ども。
腰に爆弾抱えてるさとやん氏。無理して雪かきなんぞするとこうなります

  ↓

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

結構しんどい・・・


さて、今年5冊目&6冊目の読書記録。

1484129669881.jpg
今野敏さんの『隠蔽捜査』

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る―。互いに自らの正義を主張するキャリアとキャリアの対立。組織としての警察庁のとるべき真の危機管理とは。 (「BOOK」データベースより)

隠蔽捜査シリーズの1作目。
今年も読んだことない作家さんを発掘すべく、選んでみました。
警察小説というと現場の刑事や鑑識なんかが主人公のイメージでしたがこのシリーズはキャリア官僚視点。

冒頭の主人公のキャリア万歳!!東大万歳!!東大卒以外はクズ!!な意識に嫌悪感すら覚えましたが読み進めるにつれ、
主人公の苦悩、リアルな緊張感が。
そして最後までぶれない姿勢のヒーロー感。
いっぺんに竜崎のファンになりました。
シリーズ8作目まで出てるようなので今年追いかけたいシリーズがさっそくできました。


DSC_0084.jpg
6冊目は宮部みゆきさんの『桜ほうさら』

父の汚名をそそぎたい。そんな思いを胸に秘めた笙之介は…。人生の切なさ、ほろ苦さ、人々の温かさが心に沁みる物語。 (「BOOK」データベースより)

久しぶりに宮部さんの時代物に手を出す。
『孤宿の人』以来かな・・・
宮部さんの時代物にハズレなし。

「ささらほうさらだねえ」とは、南信州や甲州で「酷いめにあいましたねえ」ということ。
「ささらほうさら」に物語の象徴でもある桜を絡めたのがタイトルの『桜ほうさら』。
美しいタイトルですが内容はなんとまぁ「ささらほうさら」な物語でした。

江戸の華やかさ、長屋の人たちの明るさ、淡い恋を絡めたほのぼのとしたやりとりで物語は進みますが人の怖さや
非情さ、悲しさも感じる作品でした。名作!!

ブログランキングに参加しちゃっております。ポチっとしていただけると喜ぶようです

にほんブログ村
スポンサーサイト

- 4 Comment

なおっち  

週末の大雪、その後は大丈夫でしたか?
最近は本を読む時間がなかなか取れませんが、
さとやんさんの読書ネタを何気に参考にさせてもらってます( *´艸`)

余剰株のお裾分けのお声掛けを約束させてもらってたので(笑)
名無しの超ミニサボばかりですが
品種問わずでしたらいくつかありますのでよかったらご連絡下さいませ~

2017/01/18 (Wed) 15:45 | EDIT | REPLY |   

さとやん  

Re: タイトルなし

> なおっちさん
ベランダで埋もれた子たちはまだ救出できておりません。
明日、室内避難中のいくつかをベランダに戻す予定です。
読書ネタ、参考になってるのであれば幸いです。
個人の好みに偏ってますがよかったらこれからも参考にしてくださいね。

2017/01/18 (Wed) 18:32 | EDIT | REPLY |   

ライオンまる  

雪被害や腰の調子は如何でしょうか。
明太子の国は雪被害は大丈夫・・・と思っていたら、週末、また寒波がやって来るとのこと(汗)
お互い、気を付けましょうね。

「桜ほうさら」は名作ですよね!
宮部みゆきの時代ものは、時々、とんでもなく陰鬱な展開になることもありますが、これは心温まる作風で良かったです。
玉木宏主演でドラマ化されていますが、こちらもなかなかでしたよ。

2017/01/18 (Wed) 19:41 | EDIT | REPLY |   

さとやん  

Re: タイトルなし

> ライオンまるさん
宮部氏の時代物はほんとあたりの確率が高くて安心して手が出せますね。
一方、ファンタジー物は個人的にハズレ率が高くて躊躇してしまいます。

雪被害ですが先日書いた屋根以外に、カーポートの屋根にも被害がありそうです・・・

2017/01/18 (Wed) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。