今年40~42冊目

  •   20, 2017 05:42
  •  4
(・ω・)ノあ、ども。
このペースを維持できれば年間100冊の目標クリアできそうです。
このペースを維持できればの話だけど・・・

今年40~42冊目です。

DSC_0146.jpg
40冊目は奥田英朗さんの『邪魔』。

及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供二人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴一年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。 (「BOOK」データベースより)

『最悪』と同じくちょっとしたことからどんどん転落、追いつめられていく主人公たち。
よくできてて面白いんだけど傑作『最悪』と比べると弱い気がする。
『最悪』のほうは主人公3人のキャラがたってたけど今作は主婦と刑事はいいけど高校生のキャラが少し弱いかなー

DSC_0165.jpg
41冊目は乃南アサさんの『いちばん長い夜に』。

ペットの洋服作りの仕事が軌道に乗ってきた芭子と、パン職人の道を邁進する綾香。暗い場所で出会い、暗い過去を抱えながら、支え合って生きてきた。小さな喜びを大切にし、地に足のついた日々を過ごしていた二人だったが、あの大きな出来事がそれぞれの人生を静かに変えていく。彼女たちはどんな幸せをつかまえるのだろうか―。心を優しく包み込む人気シリーズ、感動の完結編。(「BOOK」データベースより)

シリーズ3作目にして涙の完結編。
前2作で二人それぞれが夢を見つけてそれに向かって頑張っている。
そしてそんな二人の分岐点となる東日本大震災。
震災の下りは乃南さんの実体験をもとに書かれてるようですが、やはり震災のとこはね、読んでて辛い。
オジサン年取って涙腺弱くなってるからアカンわー泣きそうになるわー
この震災を機に芭子と綾香がそれぞれの道を行く感動のラスト。
二人のその後は読者が自由に想像できてイイ!
このシリーズは3作すべて良かった。いい作品に出会えて満足。

DSC_0167 (1)
42冊目は中山七里さんの『セイレーンの懺悔』。

葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が“いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった。マスコミは、被害者の哀しみを娯楽にし、不幸を拡大再生産するセイレーンなのか。(「BOOK」データベースより)

今作のテーマは『報道のあり方』。
中山さんの過去作品の『切り裂きジャックの告白』での切り裂きジャック事件の報道で先走ってやらかし、評判を地に落とした帝都テレビの記者が主人公。
実際の報道でもあり得る行き過ぎた報道、やらせ報道など報道のあり方に関しては考えさせられることはあったけど女主人公への
感情移入、共感が1mmたりともできなかった。
相棒の里谷と刑事の宮藤はよかっただけに残念。
ラストのくだりの要らないんじゃね?と。
まあ中山作品としては物足らないけど悪くはないかな。

いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加しちゃっております。ポチっと押していただけると奴は全力で喜ぶようです。

にほんブログ村
スポンサーサイト

4 Comment

ライオンまる  

漢字三文字シリーズだと、「最悪」がダントツトップの面白さで「邪魔」が二番目だと思います。
仰る通り、キャラの立ち具合が違うなぁと。
ただ、九野の真実にはびっくりさせられました。

2017/04/20 (Thu) 23:48 | EDIT | REPLY |   

さとやん  

Re: タイトルなし

> ライオンまるさん
『最悪』は主人公がそれぞれキャラ立ちしてたし社長には感情移入できてすごくよかったんですけどね。
今作はイマイチ共感できませんでした。
それでもじゅうぶん面白かったんですけどね

2017/04/21 (Fri) 05:00 | EDIT | REPLY |   

まっくす  

最悪も邪魔も、もし自分だったらと思うと恐いと言うか胸が痛いと言うか、なんとも言えない気持ちになりますよね。
最悪の社長は他人事に思えませんでした。
邪魔の恭子もかなり感情移入しました、性別違いますが(^^;

2017/04/22 (Sat) 14:31 | EDIT | REPLY |   

さとやん  

Re: タイトルなし

> まっくすさん
あれ?まっくすさんも本読まれる方でしたか。
『最悪』は社長が一番感情移入できましたね。
ちょっとした騒音問題からあそこまで転落人生になっちゃうとは・・・
人生って些細なことから大きく道が外れていくってのがリアルで怖かったデス

2017/04/22 (Sat) 16:01 | EDIT | REPLY |   

Post a comment