四十路、全力で趣味を楽しむ

CATEGORY PAGE: 読書

READ MORE

今年40~42冊目

(・ω・)ノあ、ども。このペースを維持できれば年間100冊の目標クリアできそうです。このペースを維持できればの話だけど・・・今年40~42冊目です。40冊目は奥田英朗さんの『邪魔』。及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供二人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴一年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常...
READ MORE

今年36~39冊目

(・ω・)ノあ、ども。ボクの読書のお供は旨いコーヒーとちょっとしたお菓子。だいたいいつもはカントリーマアムなんかを安売り時に買ってきてお供にしてます。で、久しぶりにオレオが食べたくなって買ってきた。食べるの久しぶりだけど、なんか違和感。あれ?こんな味だっけ?オレオって今は中国の工場で作られてそれを日本に輸入販売してますやん?気になったのでちょっとネットで調べてみた。そしたら食べ比べて検証してる人がい...
READ MORE

今年32~35冊目

(・ω・)ノあ、ども。しばらく真面目に多肉ネタ書いてたら読書済のストックが貯まってたのでここらで書いておこ。ネタバレ避けつつある程度のあらすじ紹介しつつ感想も上手くまとめるのって大変、ていうかボクには難易度高い。32冊目は薬丸岳さんの『誓約』一度罪を犯したら、人はやり直すことはできないのだろうかーー。罪とは何か、償いとは何かを問いかける究極の長編ミステリー。 捨てたはずの過去から届いた一通の手紙が、 ...
READ MORE

奥田英朗祭り

(・ω・)ノあ、ども。mixiやってた頃からの読書友達の書評見てたら奥田英朗さん『沈黙の町で』を紹介されてて興味を持った。昔、「イン・ザ・プール」を途中まで読んだ以来の奥田作品に久しぶりに手を出してみよう。せっかくなのでもう1冊くらいチョイスするべと評判いい作品をチェックして図書館へ。((((((((⊂( ・ω・)⊃ブーン最悪。今年30冊目になります。不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼...
READ MORE

今年28冊目、29冊目

(・ω・)ノあ、ども。まだまだ植物ネタはお休みなのです。今日は読書ネタ。今年28冊目と29冊目報告デス。山田宗樹さんの『代体』科学が倫理を凌駕する――「百年法」を超える近未来エンタテインメント! 人間の意識を移転させる技術がビジネスとなった世界。意識を容れることができる身体形の器「代体」の大手メーカー営業マンの八田は、代体に絡む利権や悪意、壮大な陰謀に次第に巻き込まれてゆく――。 山田宗樹さんの作品は以前...